他意はないです。
嫌いなら好きじゃないとか、そういうことではないのです。
そういう欲求が、存在しているよと、気付いただけなのです。